2011年12月7日水曜日

炎天下での原発アクション

12/6に行った2回目の原発アクション、とても楽しかったです!
先週から現地入りしたCCWGのメンバーの強力なサポートも加わり、
多くの人を巻き込んだアクションを行うことができました。

今回は、1回目とはガラッと内容を変更。
前回のコンセプトは、
「原発事故により多くの人が被害を受けていることを伝え、原発のリスクを世界に知ってもらう」
ことでしたが、今回は、
「世界からの支援に対する感謝の気持ち」「福島の復興を願う想い」
を伝えることに重点を置きました。

「あなたたちに感謝の気持ちを伝えたいです。
あなたたちの支援のおかげで福島の多くの人々がもとの生活にもどりつつあります。
私たちは、二度とこのような悲劇が起きないことを願っています。
原発がない安全な世界を作っていこうという考えに賛同してくれる方は、ハートマークを書いてください!」

通りすがりの多くの人が素敵なハートを防護服に書き込んでくれ、CCWGの慎一さんと小林君の防護服は、ほんのり赤色に染まりました。

12月8日に、もう一度同様のアクションを行う予定です。
その時は6日比で200%のハートマークをもらう、という野心的な目標を掲げて頑張ろうと思います。      

圓谷

2 件のコメント:

  1. ぜひ写真を掲載してください!

    返信削除
  2. お疲れ様でした。
    私も写真が見たいです!

    返信削除